きらめく星の光を見て感動 イルミネーションの起源

更新日:

1x1.trans - きらめく星の光を見て感動 イルミネーションの起源

街のライトアップやイルミネーションの話題もだんだん増えてきましたね。
なぜこの時期にイルミネーションが増えるのでしょうか?

ちょっと気になりましたので調べてみることにしました。

 

 

 

イルミネーションの起源

1x1.trans - きらめく星の光を見て感動 イルミネーションの起源

その期限は16世紀にさかのぼると言われています。

ドイツの宗教改革者・マルティン・ルターが、森の中できらめく星の光を見て感動し、子供達にその景色を再現して見せるために、木の枝にたくさんのろうそくを飾ったのだそうです。

しかし、ルター以前に、永遠の生命のシンボルでもある常緑樹に、ろうそくだけでなくいろいろなオーナメントを吊るし、木にやどる精霊に自らを守ってもらうことを祈りながら、その周りを歌い踊る習慣があったとも言われています。

どの説が正しいのか分かりませんが、
いずれにしてもドイツが起源となっているようです。

その後トーマス・エジソンが自身の発明品・白熱電球を売るために、研究所の周りを白熱電球で飾り付けたことから、電球を使ったイルミネーションが始まったとされています。

初冬の夜空を彩るイルミネーションは寒さも忘れさせてくれますが、子供達のためにという暖かな気持ちが由来と聞くと、一層美しく見えますね

 

 

日本では?

1x1.trans - きらめく星の光を見て感動 イルミネーションの起源

日本のイルミネーションは、明治時代から始まったと言われています。

1903年(明治36年)、大阪や内国勧業博覧会✳️の会場が、たくさんのイルミネーションで飾られました。また、舶来品を扱う「明治屋」が銀座に進出し、12月15日から毎夜イルミネーションを点灯したことが人々の話題となり、年々派手になっていく装飾に多くの人が押し寄せたそうです。

✳️内国勧業博覧会とは、あまり聞き慣れない名称ですが、明治時代の日本で開催された博覧会のことだそうです。国内の産業発展を促進し、魅力ある輸出品目育成を目的として、東京の上野で3回、京都・大阪で各1回の計5回、政府主導で開催されました。

今、注目の日本三大イルミネーション情報はこちらの記事からご確認ください♪


 

現在のイルミネーションは?

1x1.trans - きらめく星の光を見て感動 イルミネーションの起源


昔は、イルミネーションと言えばクリスマスシーズンに行われるイメージでしたが、近年ではLEDの普及により、様々な場所で一年中楽しめるようになってきました。

とはいえ、街中が一番きらめくのはやはり寒い冬です。
暖かな光は、私たちの心を癒し、安心感を与えてくれます。

また、近年注目を集めているのが「プロジェクションマッピング」
プロジェクターを使って、建物や空間に映像を投影する技術と音楽が融合し圧倒的な迫力となって私たちを感動させてくれます。

今後もさらに進化して私たちに感動と癒しを与えてくれることでしょう。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が価値あるものだと思われましたら、下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

関連記事一覧







-

Copyright© KEN , 2019 All Rights Reserved.