キャッシング基礎知識

キャッシングの仕組み、特徴、注意点

投稿日:

「どうしてもお金が必要」というとき、キャッシングサービスを利用することを考える人も多いかと思います。

今回は、そんなキャッシングサービスについて仕組みや注意点を含めわかりやすく説明させて頂きます。

1x1.trans - キャッシングの仕組み、特徴、注意点

 

 

 

キャッシングとは?

様々な事情でどうしてもお金が必要になったとき、キャッシングを利用する人は少なくないと思います。

キャッシングサービスには、主に3種類ありますので、今回はそれぞれのキャッシングサービスについてわかりやすくお話させて頂きます。

 

カードキャッシング

クレジットカードをお持ちの人であれば、キャッシング枠というものが設定されている場合、利用可能のATMですぐにお金を借りることができます。

 

消費者金融

テレビCMでお馴染みのキャッシングサービスです。いたるところに無人契約機や、店舗があり、インターネットや電話なでで申し込むこともできます。

 

銀行ローン

住宅や、自動車の購入など、まとまったお金が必要な際に利用される銀行ローンもキャッシングの一つです。

 

 

キャッシングの仕組みと特徴

それでは、それぞれのキャッシングの仕組みと特徴についてお話させていただきます。

 

カードキャッシングの特徴

クレジットカードを利用して借り入れする場合、利用可能なATMか提携会社のキャッシュディスペンサーを利用します。

ほとんどの場合、コンビニのATMで利用できる手軽さが魅力です。

キャッシングの手順は、ATMまたはキャッシュディスペンサーにクレジットカードを差込、暗証番号を入力、借り入れを選択し、返済方法を選びます。

キャッシングの金額を入力し、利用明細と現金を受け取ります。

クレジットカードで借り入れを行う際には、108円から216円の手数料がかかります。

 

支払いは、翌月からになりますが、月々の返済額を一定額に設定できるリボ払いを選択することもできます。

また、カード利用金額の買い物枠とキャッシング枠は連動していますので、キャッシングを利用すると買い物枠の金額が少なくなりますので気をつけてください。

金利は、年15%~18%と高めの設定になっています。

 

 

消費者金融の特徴

消費者金融では、総量規制という法律にのっとり、年収の三分の一が最大の借り入れ金額となります。また専業主婦など収入のない人は借り入れができません。

即日審査、即日融資などと借り入れの速さが魅力ですが、金利が高いというデメリットもあります。

現在では、法律によって上限を20%とする利息制限法が適用されていますので、10万円未満の借り入れであれば、20%、100万未満で18%、100万以上は15%という上限が決まっています。

この範囲内でそれぞれの消費者金融業者によって、金利の設定が異なっています。

 

申し込み方法は電話、スマホやパソコンからのインターネット、無人契約機や店舗など様々ですが、基本的にはネット申し込みがスムーズでオススメです。

 

ネット申し込みを利用する場合、それぞれの消費者金融のホームページから申し込みフォームに必要事項を記入し、免許証などの必要書類の写真をデータで送ります。

その後、会社へ在籍確認の電話がかかってきて、問題がなければ契約に至、自動契約機でカードを発行し、無人店舗内のATMか、コンビニのATMで現金を受け取ります。

他にも自分の口座へ振り込んでもらう方法も選択できます。

 

返済方法については、自分の銀行口座または、コンビニATMで翌月から最低返済額以上の金額を返していきます。だいたい毎月3000円程度です。

 

銀行ローンの特徴

銀行ローンのメリットはなんといっても金利の安さです。変動型や固定型など銀行によって、様々なプランが用意されておりますが、基本的に3%程度と他のキャッシングサービスとは比較にならないほど安価です。

 

そのため、融資にはとても厳しい審査があります。また、審査期間も数日から1週間程度ととても長いというデメリットもあります。

主に、不動産購入や、自動車ローンなど大きなキャッシングがメインで、数年から数十年という長い期間をかけて返済していきます。

 

申し込み方法は、直接窓口で相談することが主で、必要書類の提出や、何度もやり取りを繰り返して、実際に融資を受けるまでは2週間から1ヶ月程度と長くかかる場合もあります。

 

 

キャッシングの注意点

それぞれのキャッシングの特徴と仕組みについてはご理解いただけたでしょうか。

それでは、用途に応じたオススメのキャッシング方法を注意点と共にご紹介させて頂きます。

 

「急に10万円程度必要になったとき」

よくあるのが、飲み会に行くお金や、欲しいものが見つかったとき、月末の支払いが足りなくなる、10万円以内の現金が必要なパターンです。

こういった多くはない金額であり、翌月など早期に返済できる場合は、消費者金融の初回金利手数料無料キャンペーンなどを利用してみることをオススメします。

 

今すぐ現金が必要な場合や、返済が長期にわたる場合や、分割したい場合は、クレジットカードのキャッシングサービスがオススメです。

 

消費者金融では、申し込みのしやすさや、長期に渡る返済であっても月々の負担が軽いことから、つい借りすぎてしまう人が大勢います。

必ず返済計画をたて、できるだけ早期に返済を終わらせるようにしましょう。繰り上げ返済を行うことによって支払う金利の金額も少なくすみます。

 

クレジットカードを利用したキャッシングは、すぐに現金を受け取れる手軽さから気軽に利用してしまう人が多いのですが、こちらも場合も借りすぎには気をつけてください。

クレジットカードは一括で支払う場合、手数料は無料ですが、分割払いやリボ払い、またキャッシングには手数料や金利がかかります。

計算してみると驚く程金利を支払っていた、なんてことも少なくありませんから、現金が必要になってすぐに借りるのではなく、一度思いとどまって、本当に必要なお金なのか、無理なく確実に返済できるのか考えてみてください。

 

ゆり先生が教えるキャッシングの基礎知識~キャッシングとは?~

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が価値あるものだと思われましたら、下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

関連記事一覧

関連記事はありませんでした







-キャッシング基礎知識

Copyright© KEN , 2019 All Rights Reserved.