気になる情報をチェック!

KEN

美文字

フェリシモ美文字レッスンで本当に美文字になれるのか

更新日:

文字を書く事が少なくなってきた近年、意外と需要が伸びてきている“美文字”を書く事。

「美しい字が書けると人生はもっと美しくなる」をモットーにご活躍中の書道家・髙宮暉峰先生の美文字レッスンであなたも美文字を身につけてみませんか。

 

今回は、手軽に始められるフェリシモ美文字レッスンについてご紹介させて頂きます。

1x1.trans - フェリシモ美文字レッスンで本当に美文字になれるのか

スポンサーリンク

フェリシモの美文字レッスンとは?

フェリシモの美文字レッスンは、フェリシモ定期便の中の1つで6ヶ月にわたり2、3個のコツを身につけていくペン字の「基本編」と、同じく6ヶ月間に渡る「筆ペン編」があります。

 

一般的な通信講座と大きく異なる点は、支払いと共にテキストが数ヶ月、数回に分割され届くことです。

一括で支払わなくても良い分、負担が抑えられ、毎月テキストが届くためモチベーションを維持させやすいという魅力的なプログラムです。

 

今回は、そんなフェリシモの美文字レッスンのペン字の「基本編」について詳しく見ていきましょう。

 

プログラムの内容

ペン字の「基本編」では、18のコツを6ヶ月間、6回に分けられたプログラムで少しずつ身につけていきます。

 

Lesson1の「きれいな文字とは」では、美文字の3つの法則を学び、まずは真っ直ぐに線を書けるようになるための練習をします。その後、横の線を書く練習を行います。

 

Lesson2の「美文字の基本はバランスです」では、文字の中心を揃えること、余白を整えることを中心に文字のバランスの取り方を学びます。

 

Lesson3の「ひらがなは文章の7割を占めています」では、「ね」「の」「と」それぞれの書き方の要領と意識する点などについて学びます。

 

Lesson4の「横書きレッスン」では、横書きの黄金比率についてと、カタカナの書き方と数字の書き方について学びます。

 

Lesson5の「漢字の基本をマスターしましょう」では、書法伝授のひとつである“永字八法”についてと、部首のバランスの取り方、漢字の外形6パターンについて学びます。

 

最後のLesson6「文字の美マナーを身につけましょう」では、のし袋の書き方や、よく使うフレーズでのレッスンと手紙の書き方について学びます。

 

気になるお値段も、月々¥1,143(+8% ¥1,234)支払い総額¥6,858(+8% ¥7,404)と始め易い金額となっています。

 

スポンサーリンク

美文字レッスンの講師

フェリシモの美文字レッスンの監修を務めるのは、書道家・髙宮暉峰先生です。

18歳より和香会書道展に出展し24歳で読売書法展初入選を果たした他、その後も多数の入選や入賞を重ねています。

 

髙宮先生は、書道家として活躍される一方で、一般の方向けにペン字教室でや講座を開き、講師としてもご活躍しています。

「美しい字が書けると人生はもっと美しくなる」をモットーに多数の書籍も執筆されており、メディアでも活躍中です。

 

 

本当に美文字になれるのか

フェリシモの美文字レッスンを実際に試した方の口コミを元に、実際に文字をキレイに書けるようになるのか見ていきましょう。

 

フェリシモ公式サイトより引用

https://www.felissimo.co.jp/program/wk45832/gcd858932/

 

福岡県 旅猫 さま(41歳・女性)

日本語教師をしていますが、字が下手で学生に対して恥ずかしかったため申し込みました。簡単にコツが掴めて、自分の字に自信が持てるようになりました。今では手書きの教材も、授業で使える程になりました。自分の住所、名前のお手本と練習パートがあればもっと良かったと思います。日本語学校での教材作り、生徒への文字指導など、色々役立てたいです。

 

大阪府 ともさん さま(58歳・女性)

字がうまく書けなかったので申し込みました。レッスンを終えて、癖のある字がマシになったように思います。少しずつの時間で、好きな時間にできるのが魅力でした。少し自信が持てるようになりました。習った手本を思い出して丁寧に書くようにしていきます。

 

 

フェリシモの美文字レッスンがオススメの人

フェリシモの美文字レッスンは定期的にテキストが届きますので、過去に通信講座を申し込んで大量のテキストが一度に届き挫折したような方でも続け易いという魅力もあります。

 

携帯やパソコンの普及によって、文字を書く事が少なくなった日本では、あまり自分の文字に対して意識していなかった人も多いと思いますが、その一方でキレイな文字を書きたいと思う大人が増えていることも事実です。

 

仕事で意外と手書きすることがある人や、子供が学校に進学したことによって文字を書く機会が増える人もいます。

今まで意識していなかった分、キレイな文字を書く人を見ると魅力的に思うこともあります。

 

やはり、文字は汚いよりもキレイに書けた方が良いものです。

自分が書く文字は、自分自身の現れでもあります。

 

迷われている方は、是非この機会に挑戦してみてはいかがでしょう。

 

 

美文字トレーニング、きれいに書くコツ!<ペン字編>【東洋羽毛_美活お役立ち動画】

スポンサーリンク

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が価値あるものだと思われましたら、下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

関連記事一覧

writing 828911 640 1 - 恥ずかしいクセ字を直すトレーニング
恥ずかしいクセ字を直すトレーニング

携帯やパソコンの普及で字 ...

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-美文字

Copyright© KEN , 2019 All Rights Reserved.