健康 美容&ダイエット

太る座り方と痩せる座り方

更新日:

1日の長い時間を座って過ごすことが多い現代人。座り方1つでダイエット効果を得ることや、脚やせにつなげることもできるとご存知でしょうか。

 

今回は、ダイエット効果プラス、美脚、脚やせを目指すための方向けに正しい座り方と、ついついしてしまう脚を太くする座り方についてお話させていただきます。

1x1.trans - 太る座り方と痩せる座り方

 

 

座り方で太る理由

普段何気なく座っている姿勢が太りやすくなる要因になることをご存知でしょうか。

まずは、なぜ誤った座り方で太ってしまうのかご説明させて頂きます。

 

骨盤の歪み

正しい座り方をしなければ骨盤が歪みます。骨盤がゆがむと血行は悪化、血行が悪化すると冷えを引き起こし、脂肪が蓄積されやすくなり下半身太りの要因となります。

さらに、腰痛や生理痛を悪化させる要因ともなります。

 

便秘になりやすくなる

座り方が悪いと腰周り、お腹周りの筋力が衰えてしまいます。

腹筋が落ちることによって、便秘になりやすくなり、下腹が出てしまいます。

女性は特に軟便、便秘で悩んでいることが多く、肌荒れの原因にもなります。

 

 

痩せる座り方

座り方ひとつで太るということは、逆に座り方で痩せることもできるということです。

普段の自分の座り方と照らし合わせながら、座り方をチェックしてみてください。

 

椅子に座る場合

・骨盤を起こし背もたれから離れる

・背中を伸ばし肩の力を抜く

・足は揃えて床に足の裏を付ける

 

ポイントは、猫背にならないようにすることと、骨盤を意識してお尻に均等に圧がかかるようにすることです。

正しい姿勢をとることで、最初は辛くなります。正しい姿勢をしているのに辛いということは、筋力が低下していて、骨盤も歪んでいる証拠でもあります。

上記のポイントを意識して正しい姿勢を保つことによって、骨盤の歪みは徐々に戻り、筋力もついてきます。

 

床に座る場合

・足を前に伸ばす

・骨盤を起こし腹筋に力を入れる

・背中を伸ばす

 

長座といわれる座り方です。デスクワークの人は椅子に座ることが多いかと思いますが、自宅では床に座ることが多いという人もいるのではないでしょうか。

長座は、実は太ももの裏側の筋力が発達していなければ辛い姿勢でもあります。

太ももの裏側の筋肉はハムストリングと呼ばれ、鍛えることでヒップアップや、脚やせ効果があります。

腹筋も鍛えられる姿勢ですので、トレーニングだと思いながら長座で正しい姿勢を保つように努力してみてください。

 

 

足を太くする座り方

座り方でダイエット効果が期待できることをご理解いただけたと思いますが、普段私たちがやりがちな足を太くしてしまうクセをみていきましょう。

 

『足を組む』

足が太くなるだけではなく骨盤は傾き、O脚やX脚を引き起こす要因にもなります。

 

『足を広げる』

椅子に座る場合も、床に座る場合も足を広げて座ることで骨盤が開いてしまいます。

 

『ぺたんこ座り』

足のつま先を外側に向けて正座を崩したように座る姿勢と、同じく正座を崩したように座り、つま先を後ろに向けたままの姿勢ですが、骨盤を丸めるように歪ませてしまいます。

また、猫背になりやすく骨盤が寝てしまい、お腹の筋力が衰え内蔵の位置は下がり、下腹が出てしまう要因にもなります。

 

『正座』

昔から日本では美しい姿勢とされていた正座ですが、正座は美脚、脚やせとはかけ離れた座り方です。折り畳んだ足には圧力がかかり、血行は悪化しますし、膝をまげることで負担がかかります。

正座が必要な場面では仕方ありませんが、脚やせ、美脚を望まれるのであれば私生活での正座は控えることをオススメします。

 

『横座り』

お姉さん座りともいわれる横座りは、骨盤が左右どちらかに傾き歪みをうみます。

 

『足を立てる』

横座り同様に左右どちらかに重心が偏ってしまうことで骨盤が歪みます。

 

 

普段気をつけること

子供の頃から慣れ親しんだ体育座りと呼ばれる両膝を立てる座り方もあります。

体育座りは、猫背にならなければ良い姿勢だといえます。

 

正しい姿勢をとっていて疲れたときは、あぐらをかくなどしてストレッチを行ってください。デスクワークも、できるだけ1時間に一度は休憩をとったり、背中や足を伸ばすようにしましょう。

 

長時間同じ姿勢をキープすることで体が固まってしまい、血行は悪化しますし、体温も下がりやすくなります。どんな姿勢をとっていても定期的に体をほぐすようにしましょう。

 

 

普段の何気ないクセや、悪いとは知らずに無意識に身に付いたちょっとしたクセが、積もり積もって体型を崩し、下半身を太らせてしまいます。

 

まずは、自分の座り方のクセや悪い姿勢を知り、正しい姿勢を理解して意識するようにしましょう。

正しい姿勢によって、歪みが解消され、適切な位置に適度な筋力がつくことで細く美しい脚を手に入れることできますので、是非試してみてください。

 

少しでも、あなたのビューティーライフのお手伝いができましたなら幸いです。

 

 

今村大祐 ダイエット効果の高い座り方

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
記事が価値あるものだと思われましたら、下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

関連記事一覧







-健康, 美容&ダイエット

Copyright© KEN , 2019 All Rights Reserved.